妊娠中カフェイン過剰摂取

妊娠中のカフェイン接種について

妊娠中カフェイン過剰摂取が危険な3つの理由

 

妊娠中ってカフェインの過剰摂取は良くないって聞いたことはありませんか。
私も妊娠する前から妊婦はカフェイン接種を控えるべきであることは知っていました。

 

事実、スーパーなどでも、普通のカフェイン入りコーヒーの隣に
カフェインレスのコーヒーやタンポポ茶なども販売されているのを目にしていました。

 

妊娠中カフェイン過剰摂取が危険な3つの理由
私も学生のころから、コーヒーや紅茶といったカフェインが入った飲物が好きで
良く朝食や友達とのランチやカフェなどでも注文していました。

 

一日に何杯も飲んでいたとは言いませんが、朝と昼ごはんの時など定期摂取はしていました。
なので、妊娠中カフェインレスのコーヒーやタンポポ茶を試しましたが、
コーヒー好きには、カフェインレスのコーヒーは何とも風味もなく個人的にはあまり美味しいとは思えませんでした。

 

なぜ妊娠したらカフェインを控えなければならないの

妊娠中カフェイン過剰摂取が危険な3つの理由
では、なぜ妊娠したらカフェインを控えなければならないのでしょうか?

 

その理由として上げられるのは

 

カフェインは流産や早産、低出生体重児の原因になると考えられているからです。

 

そして妊娠中のカルシウム摂取は必要不可欠ですが、
カフェインは、尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。

 

せっかくカルシウムを摂取しても、カフェインによりカルシウムが流れ出てしまうことになります。
そしてカフェインは鉄分の吸収の妨げにもなります。
せっかく、身体にいい物をと妊活サプリランキングなどで紹介されている妊活サプリを選んで
飲んでいるのにカフェインのせいで台無しになってしまう可能性もあります

 

 

妊婦さんがカフェインを大量に摂取してしまうと、胎盤を通してカフェインが胎児へ送られてしまいます。
赤ちゃんの肝臓はまだまだ未熟な為、大人とは違いカフェインを排出しきれずに体内に長期間残ってしまうのです。

 

カフェインは、赤ちゃんの小さなからだにとても大きな負担をかけてしまいます。
また、カフェインが原因で胎児の発育障害や胎児が死亡する場合があるという説があります。

 

カフェインは、母体の血流を減らし、アドレナリンを増やしてしまいます。
その為、胎児へ酸素と栄養が送られにくくなり、胎盤の血管が収縮し胎児が低酸素状態を起こし、
発育障害や胎児の死亡へ繋がると考えられています。

 

1〜2杯のコーヒーや紅茶はOK

妊娠中カフェイン過剰摂取が危険な3つの理由
しかし、これはあくまで一日に何杯もコーヒーや紅茶といった
カフェインを多く含んだものを摂取した場合です。
1〜2杯のコーヒーや紅茶ではそこまで深刻に考える必要がないと思います。

 

なぜならば、紅茶で有名なイギリスでは妊婦さんも朝は必ず紅茶を、アメリカではコーヒーを飲む習慣があるからです。

 

それに、私は偏頭痛もちで偏頭痛にはカフェインを摂取すると一時的に痛みが和らげることができるということを聞いたことがあり、
痛みがあるときはチョコレートを1粒食べたり、コーヒーをミルクで割って少しカフェインを薄めて飲んだりしていました。

 

授乳中の今でも痛みがあるといや、どうしても眠い時などはカフェイン摂取もしますが、
授乳直後に飲むようにして次の授乳までの間に摂取し終われるようにしています。

 

自分の体調と赤ちゃんの様子を見ながら、
ティータイムで体をリラックスするのもいいのではないかと私は思います。